税金を支払うならnanacoが断然お得!!その理由を大公開!

スポンサーリンク

毎年、4月〜6月くらいにかけて送られてくる税金の納税通知書。

皆さんはどうやって支払っていますか?

コンビニや銀行、郵便局の窓口などで、現金で払ったりしていますよね?

でも、それってすごくもったいないんです!

nanacoで支払うだけで、義務で支払っていた税金がお得になるんです!

せっかく高額な税金支払うので、少しでもお得に還元したいですよね?

そこで今回は、nanacoで税金を支払うお得な方法についてご紹介します。

税金をnanacoで支払うってどういうこと?

送られてきた納税通知書にバーコードが付いている場合、コンビニで納税することができます。

大手コンビニチェーンのセブンイレブンでは、バーコードがついている納税通知書で税金を支払うことができますが、その支払いにnanacoを使うことができるんです。

nanacoにいつも通りチャージをしておけば、わざわざ現金をレジで出すことなく、納税が完了できるということです。

スポンサーリンク

nanacoで税金を支払うとなぜお得なの?

クレジットカードでnanacoにチャージをするとクレジットカードのポイントが貰える。

nanacoにチャージする方法として、直接現金を機械に入れてチャージをしている人が多いと思いますが、クレジットカードを使ってnanacoにチャージすることができるんです。

最低チャージ金額は5000円ですが、税金はだいたい5000円以上するので、5000円分に対する還元率のポイントをもらうことができるということです。

ポイントの還元率は各カード会社により異なりますが、支払うだけだった税金でポイントを還元してもらうことができました。

チャージできるクレジットカードの種類はこちらから確認できます。

自分が貯めたいカードがnanacoチャージできるかを確認してから使いましょう。

直接クレジットカードで支払えばいいんじゃないの?

ここ数年、クレジットカード(Pay-easy)で税金を支払うことができるようになりました。

しかし、カード払いに対応していない地域もあり、また支払いができても、納税できる税金の種類が限られていたりと、確実ではありません。

そのため、少しでもポイントを貯めるにはnanacoのクレジットチャージが一番確実ということです。

どうしてもカードで支払いたい場合は、支払えるかどうかを各都道府県・市区町村のホームページで確認してください。

nanacoポイントを電子マネーに交換して税金を支払うことができる。

セブン&アイグループでセブンカードプラスやnanacoで支払うとnanacoポイントを貯めることができます。

このポイントを「1ポイント→1円」で電子マネーに交換することができます。

電子マネー化したポイントは、税金の支払いに使えるので、その分納める税金を節約できます。

提携先のポイントをnanacoポイントに交換する。

提携先である各ポイントサイトやクレジットカード、銀行や他社サービスで貯めたポイントをnanacoポイントに交換し、それを電子マネーに交換することで、それを税金の支払いに使うことができます。

いくつかのポイントをnanacoポイントにまとめて使用すれば、それなりにまとまった金額に交換できるので、より税金の支払いを節約できます。

まとめ

税金の支払いを節約でき、さらにポイントも貯めることができるのは、いまのところnanacoだけです。

支払いをnanacoに変えるだけで、特別な還元がなかった税金がお得になりました。

せっかく高額なお金を支払うので、少しでもお得に節約したいなと思っている人は是非この方法を試してみてくださいね!

合わせて読みたい

スポンサーリンク

関連記事