【CODE】レシート投稿アプリで一番優秀!主婦必見!その理由を大公開

調査会社株式会社リサーチ・アンド・イノベーション
ポイントレート1pt→1円
最低交換額300pt→300円
ポイント有効期限TAMARUポイント矢印ポイントを取得した日から2年
ポイント交換内容WAONポイント
PeX
Amazonギフト券
ポイント交換手数料なし
ポイント交換後のブランクあり
紹介ポイントSNSシェア
登録情報普通
メールメルマガなし
スマホ対応あり(アプリのみ)

主婦にとって買い物は、ほぼ毎日ですよね。

スーパーなどは、各店で買い物をするとポイントを貯めることができ、それを購入時に使って支払いをすることができる仕組みは今や当たり前。

どうせなら、もっとポイントを貯めて、他の人よりもっと得しちゃいたいですよね!

そこで今回は、買い物したときに貰ったレシートを投稿するとポイントがもらえる「レシート投稿アプリ」で、筆者が一番優秀と感じる【CODE】についてご紹介いたします。

CODEとは

買い物をしたときのレシートと、購入した商品のバーコードを登録することでポイントをゲットすることができるアプリです。

2種類のポイントがあり、提携先のポイントに変えることはもちろん、商品応募ができるなど、ユーザーがレシート登録をしたくなるようなサービスを展開しています。

他にも商品レビューを確かめることができたり、家計簿を自動的につけることができるなど、商品購入やお金の管理にも便利に使えます。

CODEを運営している「株式会社リサーチ・アンド・イノベーション」は、消費購買などのリサーチやそれに伴う情報提供を行っている会社です。

CODEで集めた情報を元に調査結果を取引企業に還元していますので、私たちが提供した情報は、今後の商品開発や店舗改善に役に立つよう、間接的に関わっていることになります。

ポイントも貰えて、お財布の管理もでき、各企業の改善にも役立てるメリットづくしのアプリです。


Google Play で手に入れよう

2種類のポイントって何?

CODEには「TAMARUポイント」と「CODEコイン」の2種類があります。

それぞれの役割は、

TAMARUポイント・・・提携先のポイントに交換することができる。
CODEコイン・・・アプリ内の懸賞に応募ができる。

このようになっています。

TAMARUポイントはレシートの内容とバーコードに違いがないか審査があり、審査後にポイントが反映されます。

どちらかというと、CODEコインのが貯まりやすいですが、TAMARUポイントもきちんと貯まるようになっていますよ。

どうやってポイントを貯めるの?

レシートを投稿し、商品のバーコードを登録するとCODEコインが貯まる

CODEはレシートを投稿するだけではポイントがもらえません。

購入した商品のバーコードと一緒に登録することでCODEコインを貰うことができます。

1商品登録ごとに1コイン獲得することができます。

レシート・バーコード登録の手順

一番上の「バーコードチャンス」と書いてあるタイトル下のバナーをタップします。

カメラが立ち上がるので、購入した商品のレシートを撮影します。

レシートが長ければ、画面下真ん中の「レシートが長いので続きを撮る」をタップします。

レシートの撮影ができたら、画面右下の「登録」をタップします。

次に、バーコードを読み込みます。

バーコードを読み込むと、ここでコインが付与されます。

他に登録するバーコードがなければ、画面右下の「矢印」をタップします。

レシートの内容やバーコードをスキャンした商品の一覧を確認できます。

登録が必要な箇所は赤く表示されますので、情報を追加しましょう。

この赤く表示された部分の情報を入れないと登録ができないので、情報を必ず入れましょう。

必要な情報を入力したら、「登録」ボタンをタップして終了です。

バーコードチャンスでポイントが貯まる

レシート・バーコードをスキャンした後、登録した商品数に応じて卵が出てきます。

その卵を割ると、CODEコイン又はTAMARUポイントが獲得できます。

バーコードチャンスでは、確実にこの商品を買ったから、これだけポイントが貰えるという保証はありません。

あくまでくじ引きをする感覚で楽しみましょう。

バーコードチャンスのやり方

登録した商品数に応じて卵が現れます。

1つ1つタップするか、指でなぞって割っていきます。

全て割る終わると、どのくらい獲得できたかが確認できます。

評価してCODEコインがゲットできる

バーコード登録をした商品を評価することでCODEコインを貰うことができます。

商品のコメントをすると2枚、写真を投稿すると3枚と、合計5枚のコインが貰えるので、きちんと評価しておきたいところですね。

評価の仕方

まずはハートをなぞって商品の評価をします。

ハートの評価をした後にコメントを書き「登録」をタップします。

次に写真を登録します。

写真は「写真登録」と書いてある部分をタップします。

直接カメラで撮影するか、すでに撮影済みのものを登録するか選んで、写真を登録します。

クエストをクリアしてTAMARUポイントをゲット

対象商品を購入し、レシートとバーコードを登録後、アンケートに答えるとTAMARUポイントを獲得することができます。

クエストには2種類あり、すでにどの商品がポイント対象商品かわかる「公開クエスト」、商品を登録後にランダムに発生する「非公開クエスト」があります。

クエストをクリアするとTAMARUポイントをまとめて貯めることができます。

公開クエストは、どの商品を購入すればいいか事前に知ることができるので、少しでもTAMARUポイントをたくさん貯めたい方には是非、挑戦してほしいですね。

クエストのやり方

一番下のアイコンで「クエスト」をタップします。

対象商品をタップします。

あとはレシート・バーコードを登録、アンケートに答えて完了です。

CODEのSNSページをフォローをするとポイントが貰える

CODEが運営しているSNSページをシェアをするとTAMARUポイントがもらえます。

SNSの種類は、Facebook、Twitter、Instagramです。

アカウントを持っているのであれば、フォローをすることで、クエスト対象商品が事前にわかるお得情報を知ることができます。

とても簡単にフォローができるので、是非フォローをすることをオススメします。

ポイントの交換方法

CODEコインでプレゼントに応募できる

TAMARUポイントのプレゼント抽選から、値が張る人気商品まで用意されており、抽選に応募できます。

1商品2回まで応募ができ、指定されたCODEコイン数をラッキーエッグに交換します。

このラッキーエッグが応募券となり、期間が来たら卵を割って当選の有無を確認することができます。

筆者はなかなか当たらないのですが、中には当たった方もいるので、気分転換がてら応募してみるといいですよ。

TAMARUポイントは提携先のポイントに交換することができる。

TAMARUポイントはWAONポイント、PeX、Amazonギフト券のいずれかに交換することができます。

最低300ptから交換が可能なので、ポイントが貯まったら、普段使用しているものに交換しましょう。

その他便利機能

みんなのレビュー見て商品購入の検討できる。

レシート・バーコードを登録した後にした商品評価は、他にCODEを利用している方達に共有されます。

そのため、他の人が評価した商品のレビューを見ることができます。

買うか買わないか迷っている商品があったり、気になるけどどんな商品かわからないな、という時に参考にすることができますよ。

評価の確認方法

右上の「評価を見る」をタップします。

カメラが立ち上がりますので、 バーコードをスキャンします。

スキャンができない場合は「手で直接入力する」をタップして、バーコードナンバーを入れましょう。

商品選択で、スキャンした商品をタップし、「決定」をタップします。

評価を見ることができます。

家計簿にもなる。

登録したレシートから、自動的にカレンダーとグラフに集計されます。

カレンダーでいつ何を買ったかがわかり、グラフではどれだけ出費したかがわかります。

他にも、光熱費や交通費など、レシートを読み込まない出費も入力し、登録できます。

買い物した金額をわざわざ入力しなくていいですし、ポイントを貰いながら、家計の収支を1つのアプリで確認できるので、ズボラ主婦にはありがたい機能ですね。

家計簿確認方法

右下にある「買い物ログ」をタップします。

グラフやカレンダーで確認できる画面が出てきますので、こちらで内容を確認できます。

まとめ

ここ最近、レシート投稿系のアプリは増えてきましたが、対象商品のみというものが多いです。

その中でCODEはどんなレシートでもOKですし、通販で購入した商品や、ネットスーパーで購入した商品でも、納品書の明細を撮影すれば、ポイント付与の対象になります。

昔はTAMARUポイントの付与率は低く、あまり利用していませんでしたが、大幅なアップデートがあってからは、TAMARUポイントの付与率は高くなりました。

今では商品を購入したら必ずこのアプリに登録をしています。

毎日買い物をしている主婦はもちろん、ネットショッピング中心の方にもオススメのアプリですので、気になる方は是非ダウンロードしてみてくださいね!

CODEをダウンロードしたい方はこちらから


Google Play で手に入れよう

合わせて読みたい

関連記事