マタニティ・ベビーグッズを安くそろえる方法

スポンサーリンク

お久しぶりの投稿です。

時間が空いてしまってすみません。

実は管理人、ママになりました!

予定日より早く生まれてしまったため、突然の育児に時間が削られてしまっていました。

これから少しずつ復活していきますので、再度よろしくお願いいたします!

さて、本題です。

マタニティ生活を送ってきて「子供が1人産まれる」というだけで用意するものがたくさんあるし、お金もびっくりするくらい羽を生やして飛んでいく現実を目の当たりにしてきました。

そんな中、管理人の私はマタニティ・ベビーグッズを少しでも安くゲットする努力をしてきました!

そこで今回は、マタニティ・ベビーグッズをできるだけ安く手に入れる方法、また、これは必要だったもの、不要だったものも合わせてご紹介いたします!

マタニティグッズを安く手に入れる方法

マタニティ服

妊娠数週が進んでいくにつれてお腹がどんどん大きくなっていくので、マタニティ服は必要不可欠になっていきます。

中にはユニクロやGUなどのお店で大きいサイズのものを買って乗り越えている人もいますが、お腹の大きさの違いでマタニティ服ではないと対応できない人も出てきます。

私がまさにそのタイプでした。

少しでも安く服を手に入れたいと思い、私が安くゲットした方法をご紹介します。

フリマアプリを使って服を購入

私は楽天ユーザーなので、ラクマという楽天のフリマアプリを利用して服を購入していきました。

私の上限は1枚1,000円以内のものを狙って購入していったので、全部で10,000円かからなかったですね。

500円や300円で売られているものもありました。

試しに格安の値段で売られているマタニティ服を購入してみましたが、確かに使い古されている感はありました。

しかし、まだまだ着ることができるしっかりとしたものがほとんどでしたよ。

基本的に私が購入する基準は、産後も着られ、授乳服のサイズが大きいもので、ワンピース型のものを選びました。

おかげで出産後も特別に買うことがないので重宝しています。


Google Play で手に入れよう

マタニティ服をもらう

私の場合はお祝いにマタニティ服を頂くことがありました。

自分で購入しているわけではないのでお金はかかっていませんし、新品を手に入れることができました。

また、すでにマタニティ経験済みの方から服を譲ってもらうこともできたので、かなり節約できました。

通常の服の大きいサイズでごまかし続ける

こちらはあまりお腹が大きくならない人にオススメの方法です。

特別にマタニティ服を購入する必要がない人は、通常購入している服屋で大きいサイズのものを購入して着るのも節約の方法です。

ワンピースであれば臨月になっても着れますし、わざわざ購入する必要はないでしょう。

マタニティ服での必要・不必要

必要
・できるだけ授乳服のものを買い、産後も着る。前びらきにできる服を選ぶこと。
・ワンピースを選ぶと臨月まで使いやすい。
・妊娠中は体温が通常より高くなるため、夏場は涼しい服を別途用意していると過ごしやすい。
・マタニティパジャマは3枚あると、入院時に便利。(できるだけ前びらきで、上の服は丈が長いものを用意すると良い。)
・マタニティブラと授乳ブラは産前・産後で分けたほうがいい。(産前から使用していると、産後の時にはボロボロになっている可能性が高い。)
・産褥ショーツは最低3枚はあるといい。(入院中は汚れやすいので取り替えられると清潔を保てて困らない。)

不要
・前びらき以外の授乳服は結局、服が邪魔して飲ませにくいことがわかった。

上記を参考にマタニティ服を安く手に入れて、節約しましょう!

妊娠線予防クリームはニベアで十分

妊娠線はマタニティライフでできるだけ予防したいものですよね。

妊娠線専用の予防クリームがたくさん売られていますが、意外と高くて手を出しにくいですよね。

そこで私は「ニベア」で代用しました。

ネットで妊娠線について調べていると、どんなに高いクリームを使っていても、妊娠線ができる人はできるので、体質の問題だと思いました。

ただ、保湿が妊娠線予防には大事ということなので、「ニベア」と、安い化粧水を使ってお腹周りを重点的に保湿しました。

おかげで全く妊娠線ができませんでした。

無理して高いものを買う必要はないので、妊娠線を予防したいのであれば、薬局で安いクリームで代用しましょう。

その他マタニティグッズ

ポイントを利用して購入

マタニティ・産後の下着や、妊婦帯などは楽天のポイントを利用して購入しました。

私は楽天のポイントが結構貯まっていたので、かなり安く手に入れることができました。

もちろん、フリマやオークションでも安く手に入れることができるので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

出産準備品を安く手に入れる方法

産まれてきた赤ちゃんを迎い入れるために、事前にいろんなグッズを購入しますよね。

この出産準備品については夫が主体となって、安く購入してくれました。

ヤフオクで「出産準備品セット」として出品されているものを落札する

夫は昔からヤフオクが得意で、ベビーグッズに関してはほとんどのものをヤフオクで集めました。

1品づつ出品しているものもありましたが、夫は「出産準備品セット」としてまとめて出品されているもの選んで落札していました。

おかげ正規で買うと20万円ほどになる品を7万円ほどで手に入れることができました。

ベビーベッドやベビーバス、自動で動くハイローチェアなど、なかなか高値のものから、ガーゼや肌着、温度計や哺乳瓶を洗うスポンジなどもおまけでついていたため、それらを安く購入することができたと同時に、赤ちゃんを迎え入れる時には何も困らなかったですね。

また、このようにまとめて出品しているは、それを生業にした業者さんが多いので、消毒済みのことが多いですね。

通常、送料は別途かかってしまいますが、私たちの場合は出品者の方と住んでいる地域が近かったため、車で取りに行きました。

そのため、今回は送料はかかっていません。

まとめて売っている場合、送料が10,000円近くになって、結局高くなってしまうため、できるだけ同じ地域に住んでいる人のものを落札して、自ら取りに行くという方法も節約の1つですね。

サンプル品で代用する

大まかなものはヤフオクで手に入りましたが、それ以外の細かい消耗品については、しばらくはサンプル品で代用しました。

サンプル品は、アカチャンホンポや西松屋に来店した時にもらったものや、ベビーキッズイベントに参加した時にたくさんもらいました。

消耗品については、赤ちゃんに合う合わないがあるため、サンプル品を使って試してみてから消耗品を購入するようにしましょう。

もらった商品券で購入する

私はお祝いに商品券をたくさん頂きました。

その商品券を使って消耗品を購入したり、赤ちゃんのお洋服や肌着を購入しました。

おかげで一気に現金が出て行くことがなかったため、かなり節約になりました。

出産準備品の必要・不必要

必要品
・ガーゼハンカチは多めに用意。(赤ちゃんの口拭き、沐浴などにしょっちゅう使うため。)
・ベビー服はとりあえず3枚用意。(洗濯が間に合わなかったら新しいものを購入。)
・哺乳瓶の消毒は電子レンジでできるものがとても便利。
・赤ちゃん用爪切りはすぐに必要になるので購入しておくと良い。
・おしりふきを温める機械はあると赤ちゃんに優しい。
・オムツ用ゴミ箱は匂いが本当にシャットアウトできるので、じわじわ重宝してくる。

不用品
・ネムリダは特に必要ない。(結局、すぐに大きくなって使わなくなってしまった。)
・ベビーバスは環境によっては洗面台で代用できるのでいらない。
・哺乳瓶は産院でもらえる可能性ありなので、すぐに買わなくていい。

後からでいいもの
・オムツは産まれてから用意。(3000g以下で産まれると、通常の新生児サイズが大きすぎるため。)
・沐浴剤、保湿剤はサンプル品で試してみてから。(肌に合う合わないがあるため。)
・ミルクの合う合わないがあるため、これもサンプル品で試してみてから。

まとめ

いかがでしたか?

現在、マタニティーライフを送られている方や、これからお子さんの計画を考えられている方には参考になったのではないでしょうか?

実際にお金がかかってくるのは産後からですので、それまではできるだけ節約して、産まれてきた赤ちゃんにお金をかけてあげられるようにしてあげましょう。

私の夫も毎日のようにヤフオクとにらめっこして、少しでも消耗品を安く購入できるように過ごしています。笑

ネットやお店のセールを利用して、できるだけ節約した生活を目指して行きましょう!

スポンサーリンク

関連記事